ブラックハットSEOとはどういう意味?

一言でまとめると、ブラックハットSEOとは、Googleのガイドラインに違反するようなやってはいけないSEO対策のことです。

ブラックハットSEOとは?

もう少し詳しく解説していきます。
ブラックハットSEOを知るためには、大前提としてSEOを知っておかなければなりません。
SEOとはGoogleやYahoo等の検索サイトにおいて、検索結果の表示順位をあげるための対策です。

ブラックハットSEOも、Google等の検索結果の表示順位を上げるための対策の1つではありますが、正攻法ではなく悪質な方法によって検索順位を上げることから、いわゆるスパム的なSEO対策です。
近年ではブラック企業などの話題もありブラックと聞くとなんとなくマイナスのイメージを持つ方も多いと思いますが、このブラックハットSEOも一時的に検索順位が上がる可能性はある反面、結果的にはマイナス効果のあるSEO対策になります。

最近では減りましたが、以前はブラックハットSEOによる検索アルゴリズムの穴を突いて不正に検索順位を上げる行為をするウェブサイトが実際にありました。
しかし、そのような不正行為をGoogleが許すわけがなく、ブラックハットSEOにより不正に検索順位を上げるウェブサイトにペナルティを科して検索順位を下げたり、検索結果に表示させないようにするという対応がとられました。

さらに、新しいブラックハットSEOの手法が登場するたびに、Googleは次々に検索アルゴリズムのアップデートを実施してブラックハットSEOが無効になる対策をおり、ブラックハットSEOは年々減ってきています。
現在では以前と比べてブラックハットSEOをするウェブサイトは減りましたが、完全になくなったわけではなく検索結果の上位に表示される場合もあり得ます。
しかし、そのようなウェブサイトであってもいずれはGoogleの検索アルゴリズムのアップデートによってペナルティを受けることになるでしょう。

ペナルティとは?

Googleからのお仕置きです。
Googleの検索サイトにおいてGoogleのガイドラインに沿ったSEO対策をすることが求められますが、これを違反した場合にGoogleから罰を受けることになります。

罰と言っても罰金等があるわけではありませんが、ペナルティを受けると検索順位が下がる、または検索順位から当該ウェブサイトが削除されたりするため、ウェブサイトによっては罰金よりもきつい罰と言えるでしょう。
また、悪質なブラックハットSEOを繰り返し行っているウェブサイトはGoogleから訴えられるという可能性もゼロではありません。

スパマー VS Google

ブラックハットSEOを実施する人のことをSEOに対するスパム行為を行う人として、一般的にスパマーと呼ばれます。
スパマーはGoogleの検索アルゴリズムのシステムをを巧妙に(かい)(くぐ)ることができる高い技術力をもったエンジニアと言うこともできます。

過去にスパマーだった人が今は大手企業のエンジニアとして働いているというようなこともあるようです。
公共期間や大企業等にハッキングしたことのある凄腕ハッカーが他の大企業にセキュリティエンジニアとしてスカウトされるといったことをたまに耳にしますが、これと似たような感じでしょう。

また、GoogleがブラックハットSEOの対策として検索アルゴリズムのアップデートを行いますが、スマパーはこれを利用して新しいブラックハットSEOを開発することも考えられます。

GoogleはブラックハットSEOへの対応のためだけに検索アルゴリズムのアップデートをするわけではなく、基本的には検索を行うユーザーのユーザビリティ向上のために検索アルゴリズムのアップデートを行います。
そのアップデートにより意図せず新たなブラックハットSEOを成功させるための抜け穴ができてしまう可能性もゼロではありません。
その抜け穴を突いてスパマーたちが新しいブラックハットSEOの手法を考案、開発すると考えられます。

Googleの検索アルゴリズムをくぐり抜けるスパマーとブラックハットSEOを防ぐGoogleとのイタチごっこはまだ続いていくことになるでしょう。

ブラックハットSEOの手法

スパマーはどのような方法でブラックハットSEOを行っているのでしょうか。
ブラックハットSEOとは不正に検索順位を上げる行為の総称であって、個々の不正な手法ではありません。
ブラックハットSEOの代表的な手法としては次のようなものがあります。

  • 有料リンク
  • 自作自演リンク
  • 隠しリンク
  • クローキング
  • コメントスパム
  • コピーコンテンツ

Googleでもウェブマスター向け公式ブログで次のような不正リンクの例を紹介しています。
リンクプログラムによるガイドライン違反について

この例では、購入された有料のリンク、または人為的な不自然なリンクによって不正なSEO対策をしているウェブサイトをガイドライン違反としています。
一般的に他のウェブサイトからの自ウェブサイトへのリンクは自ウェブサイトのSEO効果を高める働きがありますが、これらのリンクが購入されたものであったり、不自然な自作自演のようなリンクである場合はGoogleのガイドライン違反となり、ブラックハットSEOと見なされます。

正しいSEO対策 = ホワイトハットSEO

冒頭で述べたようにブラックハットSEOはやってはいけないSEO対策ですが、ブラックハットSEOとは反対にGoogleのガイドラインに準拠したSEOのことをホワイトハットSEOと言います。
悪質な労働環境の会社をブラック企業と呼ぶのに対して、健全で優良な会社のことをホワイト企業と呼ぶことと似たような感じです。

GoogleのSEOガイドライン

SEO対策をする際やウェブサイトを制作する際はGoogleのガイドラインに沿った内容を心がけましょう。
検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

ブラックハットSEOをするSEO会社には要注意

前述したようにブラックハットSEOを行う人や会社は以前よりも減っていますが、完全にいなくなったわけではないため、外部のSEO会社にSEO対策を依頼する際はブラックハットSEOをしていないかを見極める必要があります。

Googleのウェブマスター公式ブログでも次のような事例を取り上げて注意喚起を行っています。

私たちのサイトが突然、検索でほとんど表示されなくなってしまいました。ところが私たちは何も心当たりがないのです。調べてみたところ、サイトの制作を依頼していた会社が勝手に行った施策が『ウェブマスター向けガイドライン』というものに違反していたことが原因だったとわかりました。

引用サイトの制作や集客を外注しているサイトオーナーのみなさまへ

自分で見極める場合は、Googleのガイドラインにも使用してはいけない例を熟読した上で、SEO会社を判断しましょう。

まとめ

繰り返しますが、ブラックハットSEOとは、Googleのガイドラインに違反するような絶対にやってはいけないSEO対策のことです。
Googleの検索サイトではGoogleのガイドラインに従ってSEO対策をすることが当然と言えるでしょう。

SEO対策を外部のSEO会社に依頼する場合は、ブラックハットSEOを実施しないSEO会社を選ぶことが大前提になります。
SEOに詳しくない方であっても、最低限の知識としてブラックハットSEOに関する知識を持っておくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする